月別: 2017年5月

家電量販店、引越しの電気工事業者、地元の電気屋、アンテナ工事専門業者などが依頼する業者の候補になります。このなかで、割高になりがちなのは、家電量販店で依頼する方法です。テレビの購入ついでにお願いできるという手軽さはあり、大手家電量販店の場合は大手ということで安心感がありますが、家電量販店のスタッフが取り付けにやって来るわけではありません。家電量販店と提携関係にある工事業者がやって来て工事を行なってくれます。なぜ割高になるのかといいますと、家電量販店が工事の依頼者にアンテナ工事を行なう業者を紹介するという図式になっています。そのため、紹介料の名目で費用が上乗せされるため、取り付け費用が割高になってしまうのです。

一方、割安になりやすいのはアンテナ工事専門業者です。インターネット経由で見積り依頼をすることが可能であり、訪問見積りは無料、明瞭な見積りで追加費用いっさいなし、割引、保証が手厚いところも少なくありません。全国対応しているような業者もあります。引越しの電気工事業者は、エアコンやガス給湯器、食器洗い乾燥機、コンロなどの設置まで、アンテナ工事と一緒に行なってもらえるというメリットがあり、引越しと一緒で価格が安くなることがあるのも魅力的です。地元の電気屋は激安業者のようなコストダウンは難しいかもしれませんが、相談や交渉がしやすく、ていねいに設置を行なってくれるという魅力があります。

Pocket

テレビを視聴するために必要なアンテナですが、どのタイミングで取り付けるのが良いのでしょうか。新築戸建ての場合はどうなのか、この点が気になっている人もいるでしょう。

アンテナ工事を行なう時期ですが、新築戸建てに引越す前をおすすめします。新築戸建てに引越すときに、いま使用しているテレビを搬入しますが、アンテナの設置が完了している状態でなければテレビの視聴が可能な状態にするための設定を行なうことができません。業者に見積りを依頼し、アンテナ工事が完了するまでのあいだ、テレビを見られない生活を続いてしまうことになります。引越しが完了するまでにアンテナを取り付けていれば、すぐにテレビを視聴することが可能です。テレビがなくてもとくに困らないという人は引越し後でもかまいませんが、テレビの音がないと落ち着かないなど、すぐにテレビをつけたい人は、引越し前にアンテナ工事を完了させておきましょう。

なお、新築戸建てにアンテナを取り付けるにあたり、工事費用の相場を知りたいと思っている人もいるでしょう。アンテナの取り付け工事は安いところで50,000円程度、高いところで100,000円程度かかります。金額は取り付けるアンテナなどの機器、作業内容、業者がかけている広告宣伝費や人件費などによって変わってきます。

Pocket

新築戸建てでテレビを視聴可能な状態にする方法の一つに、アンテナを取り付ける方法があります。アンテナは家電量販店、電気工事業者、地元の電気屋、アンテナ取り付け専門業者に依頼する方法があります。どこに依頼するのかによってかかる費用、工事完了までの期間、設置する機器の品質、保証の有無や保証内容などに違いが出てきます。

そのため、いくつかの業者に見積りに来てもらい、内容を比較しましょう。現地調査の結果、屋根の上にアンテナの設置が難しい場合には、壁に設置したり、電波の受信が良くない場合には、アンテナではなく光テレビやケーブルテレビを検討しなければいけません。こういうことまで含め、訪問見積りでは知ることが可能です。安くても品質が悪ければ比較的早いタイミングで修理が必要になるなど、余計な出費を招いてしまい、結果的には品質に重きを置く業者にお願いしたほうが安上がりだったということも起こり得ます。また、多少高くても品質が充実しているところでは、無保証のところでは修理などアンテナ工事後の費用はかかるものの、保証があるところではかからないため、結果的に安上がりになることがあります。価格や品質、保証のバランスが良いところを候補にしましょう。

依頼する業者を決めたあとは、予定日にアンテナ工事が行なわれます。取り付け完了までの所要時間は3~5時間ほどです。なお、雨天時には屋根の上での作業が無理なため、日を改めて取り付けを行なう形になります。

Pocket